プラセンタには馬の胎盤が原料に使用されている

 

動物の胎盤がプラセンタの原料ですが、品質はどの動物を利用しているかによって異なります。現在の段階では、どの原料が優れており、どの原料が劣っているかは知り得ないことです。最近のプラセンタは、馬の胎盤か豚の胎盤が材料となっています。他にも牛や羊の胎盤からもプラセンタは作られますが、病気へのかかりやすさなどから馬と豚が主流になっています。プラセンタの中でも馬の胎盤から抽出したものの特徴は、アミノ酸がたくさん含まれていることです。馬のプラセンタには、豚のプラセンタの300倍にもなるアミノ酸が含まれているのですが、アミノ酸はプラセンタの栄養源だといわれています。馬のプラセンタには、豚には入っていな6種類の必須アミノ酸が入っているといいます。妊娠期間が馬の場合は11カ月で、妊娠期間は豚の3倍程度になっているといいます。数ある馬の中でも、サラブレッドのプラセンタはかなり原料として質の良いものだといいます。サラブレッドは厳重に血統が管理されており、育てるためには高度な技術を必要とする馬です。年間に得られるサラブレッドの胎盤には数が限られています。どうしても豚プラセンタと比べると、値段が高くなりがちなのが馬のプラセンタです。プラセンタのサプリメントを選ぶ時は、値段が高いという問題がありますが馬の胎盤を原料にしたものも考えてみてはいかがでしょうか。

豚の胎盤を原料に使ったプラセンタについて

馬や豚の胎盤を原料にしているのが、美容やアンチエイジングに使われるプラセンタです。ヒトの胎盤や牛の胎盤がかつては原料となっていたそうです。主に現在は馬や豚を使用しているのは、エイズの感染問題がヒトにはあり、狂牛病問題が牛には起こってしまったからです。豚のプラセンタは、豚の胎盤であれば何でも原料になるというわけではありません。豚の中でもプラセンタの原料に使用するのは、特別なSPF豚という豚です。SPF豚農場認定委員会が認定した農場で生産された豚のことを、SPF豚といいます。厳しく管理された衛生基準、飼育基準に沿って、清潔な環境下で育まれた豚です。1カ所にたくさんの豚を集めて飼育するのが一般的です。リスクとしてあるのが伝染病が広まることなので、病気を予防するためにワクチンや抗生物質などの薬剤も多数使われているようです。飼育をするときにプラセンタ用のSPF豚は環境に配慮しているので、衛星的で抗生物質を使用しなくても病気にならない豚なのです。飼料もSPF豚専用のもので、部外者の農場への立ち入りは禁止されています。シャワーを浴びてから専用の作業着を着て作業をするなどの基準が厳しく設定されているといいます。その結果として、プラセンタの原料に使える豚の胎盤を安心して得ることが可能だといいます。

アントシアニンのサプリメント

サプリメントでアントシアニンを積極的に摂取している人が近年は増加しています。目の疲労に効果があると言われているアントシアニンは、ブルーベリーなとから摂取することができます。眼精疲労に効果があると言われるのは、アントシアニンのどんな効果によるのでしょう。目の網膜に存在するロドブシンという物質が光をキャッチしています。長い間目を使っていると、網膜のロドプシンが少なくなって、結果的に光を認識しづらくなるようです。目のかすみやぼやけ、しょぼしょぼするなどの症状は、網膜のロドプシンが少なくなっていることが原因のようです。網膜の減少したロドプシンの合成を促し、光を感知しやすいようにするのがアントシアニンの作用です。日々ブルーベリーを摂取できればアントシアニンを体内に取れ入れることはできますが、常にとなると手間がかかります。アントシアニンを補給するために、サプリメントを賢く使うといいのではないでしょうか。アントシアニンは目の疲労回復だけではなく、目の状態改善に効果的な成分です。アントシアニンをサプリメントなどで補給することによって、白内障の対策や、視野を広くする作用もあるとされています。アントシアニンのサプリメントは、価格帯はさほどのものではありません。毎日、積極的に使っていくといいでしょう。